15.8 C
New York
17/10/2021
本のトピック

ギャンブル小説と不調和プロセス

煌めき、サスペンス、ドラマが繰り広げられるギャンブルの世界。そこでは、誰もが大きな賭けをして、大きく人生を変えられます。ギャンブル小説は、エンターテインメント業界を大いに活性化させており、その結果としてカジノの時代と登場人物に焦点を当てた映画がいくつか作られました。「オーシャンズ11」、「インペリアルカジノ」、そして最近の「モリーズ・ゲーム」は、全てその一環となる素晴らしい映画です。ハリウッドは、賭博プロセスの裏側をも明らかにしています。1980年代から90年代にかけて、「カジノ」や「グッドフェローズ」といった作品は、犯罪映画としてラスベガスの種明かしをしてみせました。実際に米国では、カジノ賭博は組織犯罪と結びついていることがあります。ラスベガスが舞台になることが多い一方で、物語のプロット自体にはいろいろと波乱があります。

ベン・メズリッチ著「ラス・ヴェガスをブッつぶせ!

メズリッチは関連するテーマで本を数冊書きましたが、最初の物語は次のようなものです。訓練を受けた数学者やエンジニアから成る小さなグループが、教授に率いられてMITで研究を行っており、メズリッチはこれに参加していました。研究では、ブラックジャックにおけるカード手順を数え上げました。次の段階ではラスベガスに進出し、成果として数百万ドルをため込みました。メズリッチは熱心な愛好家で、ブラックジャックのプレイ方法、またカードを数えるのに成功した理由を明らかにすることに興味がありました。「ラス・ヴェガスをブッつぶせ!」は、賭博の枠組みと数学の面白い一解釈と言えるかもしれません。また、顧客にギャンブルをする影響を与えています。

プレイヤーのモチベーションを高めるという側面

この本は、ブラックジャックを大いに有名にしました。面白い表現に魅了されて、何人かの愛読者がMITによるブラックジャックでの勝利を真似しようとしました。プレイヤーが現場ではなくオンラインでブラックジャックをプレイするようになり、プレイヤーはかなり増加しました。

ライブカジノのスロットマシンインターフェースは、高品質の動画配信によるカードの演出が可能となり、本物のディーラーの競争相手となっています。長期的には、オンラインカジノの没入感はどんどん高まるでしょう。コンピューターに基づくエンジニアリングと画面作成におけるイノベーションには、感動するほどです。

ケビン・クックの「タイタニック・トンプソン」

タイタニック・トンプソンの人生物語は少しセンチメンタルなストーリーです。トンプソンは、米国賭博界で一世を風靡する天才的な旅の詐欺師として、全国で賭けをして働くことになります。彼は想像を絶する巧みな行動で賭けになることは何でもやりました。トンプソンの物語は、犯罪、闘争、女性に関するニュースなど、昔の新聞記事で彩られているかもしれません。トンプソンと出会うことで、映画スターや有名人など、よく知られた人物の見方も変わります。そして、より悪名高い側面―米国の賭博の過去―も真実味をもって感じられます。